英 文 和 訳 059

One new approach to recycling Enck wants to see more are programs that allow for bottles and other packages to be washed and refilled. She cites Coca-Cola’s recent announcement that it will try to refill or reuse a quarter of its glass and plastic bottles by 2030 as an example of changes top plastic polluters like the beverage company should make. Enck also points to smaller scale initiatives, such a start-up that washes and refills bottles in a vending machine. (National Geographicより引用    058~059)

One new approach to recycling Enck wants to see more are programs that allow for bottles and other packages to be washed and refilled.
refill   …を補給する,  補充する,  充填する,  詰め直す, 詰め替える, 補給,  詰め替え,  詰め替え品, お代わり 
one new approach to recycling Enck wants to see more …   「Enck がより注目しているリサイクルの新しい取り組みの1つは、…」
✎ Enck の前に関係代名詞の which[that]が省略されている。
✎ want to see more は、「もっと見たいと思う ⇒ より注目している」の意。  この more は、副詞で、muchの比較級。
are programs that allow for bottles and other packages to be washed and refilled   「ボトルや他のパッケージを洗浄して中身を詰め替えられるようにするという計画である」
☞  Enck がより注目しているリサイクルの新しい取り組みの1つは、ボトルや他のパッケージを洗浄して中身を詰め替えられるようにするという計画である。

She cites Coca-Cola’s recent announcement that it will try to refill or reuse a quarter of its glass and plastic bottles by 2030 as an example of changes top plastic polluters like the beverage company should make.
announcement   発表,  告知,  声明
reuse   再利用する,  再利用
polluter   汚染者,  汚染源
beverage   飲み物,  飲料
she cites Coca-Cola’s recent announcement that it will try to refill or reuse a quarter of its glass and plastic bottles by 2030 as …   「Enckは、2030 年までに、ガラスとペットボトルの 4 分の 1 を詰め替えまたは再利用に取り組むというコカ・コーラの最近の発表を、(…として)挙げている」
as an example of changes top plastic polluters like the beverage company should make   「この飲料メーカーのようなプラスチック汚染のトップ企業が行うべき改革の例として」
✎ changes を先行詞として、その後に関係代名詞の which[that]が省略されている。✎ make changes 「修正する,  変更する,  改善する,  改革する」
☞ Enck は、2030 年までに、ガラスとペットボトルの 4 分の 1 を詰め替えまたは再利用に取り組むというコカ・コーラの最近の発表を、この飲料メーカーのようなプラスチック汚染のトップ企業がすべき改革の例として挙げている。

Enck also points to smaller scale initiatives, such a start-up that washes and refills bottles in a vending machine.
initiative   計画,  構想,  新たな取り組み,  主導権,  発議権,  独創力,  企業心,  進取の気性
start-up   起動,  立ち上げ,  新規事業の立ち上げ,  起業,  スタートアップ,  新設会社,  新規事業
✎ point to A 「A を指す,  A を指摘する,  A を提示する,  A を挙げる,  A に言及する」
☞ Enck はまた、自動販売機でボトルを洗浄して詰め替える新規事業のような小規模な新たな取り組みにも言及している。

 

Enck がより注目しているリサイクルの新しい取り組みの1つは、ボトルや他のパッケージを洗浄して中身を詰め替えられるようにするという計画である。Enckは、2030 年までに、ガラスとペットボトルの 4 分の 1 を詰め替えまたは再利用に取り組むというコカ・コーラの最近の発表を、この飲料メーカーのようなプラスチック汚染のトップ企業がすべき改革の例として挙げている。Enckはまた、自動販売機でボトルを洗浄して詰め替える新規事業のような小規模な新たな取り組みにも言及している。

 

英 文 和 訳 058

“The best thing we can do for taxpayers is make less waste,” says Judith Enck, a former EPA regional administrator and president of the environmental group Beyond Plastics.
In recent years, some states have adopted legislation that makes producers responsible for the recyclability of their product. These laws vary in their approach, but they might require a manufacturer to financially contribute to recycling centers or to change the design of their product to be more easily recycled.  (National Geographicより引用    058~059)

“The best thing we can do for taxpayers is make less waste,” says Judith Enck, a former EPA regional administrator and president of the environmental group Beyond Plastics.
taxpayer   納税者
waste   残った, 余分の, 廃物の,  廃棄物,  ごみ,  むだづかい, むだ,  浪費, …を浪費する, …を無駄遣いする,  …を荒廃させる
former   前の,  以前の,  前者の,  前者
“The best thing we can do for taxpayers is make less waste,” says Judith Enck,   「『納税者のためにできる最善のことは、廃棄物を減らすことです』と、Judith Enck は述べている」
✎ 直接話法で、伝達文が被伝達文の後に置かれる場合、伝達文の主語と伝達動詞は語順が転換することがある。 主としてリズムを整えるためとされる。 ただし、主語が代名詞の時には、概ね語順は転換されない。 ("I see," said Tom. /  "I see," he said.)
✎ make less waste 「より少ない廃棄物を作る ⇒ 廃棄物を減らす」
✎ 動詞が be動詞の補語になるときは、to不定詞ではなく原形不定詞を用いることがある。つまり、to が省略されることがある。 (All he did was (to) complain. 彼は文句を言うばかりだった。     The first thing I do every morning is (to) check my phone. 毎朝、最初にすることはスマホをチェックすることだ。     All he did yesterday was (to) watch videos.  彼が昨日したことは、ビデオを見ることだけだった。)
a former EPA regional administrator and president of the environmental group Beyond Plastics   「元 EPA 地区担当管理者であり、環境グループ Beyond Plastics の代表である…」
✎ ここは、Judith Enck と同格。
☞「納税者のためにできる最善のことは、廃棄物を減らすことです」 と、元 EPA 地区担当管理者であり、環境グループ Beyond Plastics の代表である Judith Enck は述べている。

In recent years, some states have adopted legislation that makes producers responsible for the recyclability of their product. These laws vary in their approach, but they might require a manufacturer to financially contribute to recycling centers or to change the design of their product to be more easily recycled.
adopt   …を採用する,  …を導入する
legislation   法律,  法令,  法案
producer   生産者,  プロデューサー
recyclability   リサイクル可能性,  リサイクルのしやすさ,  リサイクル率
manufacturer   製造業者,  メーカー
financially   財政的に,  金融上,  資金的に
In recent years, some states have adopted legislation that makes producers responsible for the recyclability of their product.   「近年、一部の州では、生産者が製品のリサイクル可能性に責任を持つようにする法律を採用している。」
✎ make A responsible for B は、「A に B の責任を負わせる,  A に B を任せる」の意。 (She was made responsible for the project.  彼女はそのプロジェクトの責任者になった。)
These laws vary in their approach, but they might require a manufacturer to financially contribute to recycling centers or to change the design of their product to be more easily recycled.   「これらの法律は州の取り組みに違いがあるが、法律により、メーカーがリサイクル センターに財政的に貢献すること、あるいは、より簡単にリサイクルできるように製品の設計を変更することを義務付けられる場合がある。」
✎ vary in A は、「A の点で異なる,  A において多様である」の意。 (These products vary in quality. これらの製品は品質にばらつきがある。)
✎ their は、states' のことと思われる。
✎ the law requires A to do は、「法律により…することが義務付けられている」の意。 (The law requires drivers to wear seat belts. 法律により運転者にシートベルトの着用が義務付けられている。)
✎ might は、現在や未来の可能性を表わす。 (While running this task, you might[may]be asked to enter a username.  このタスクの実行中に、ユーザーネームの入力を求められる場合がある。)
☞ 近年、一部の州では、生産者が製品のリサイクル可能性に責任を持つようにする法律を採用している。これらの法律は州の取り組みに違いがあるが、法律により、メーカーがリサイクルセンターに財政的に貢献すること、あるいは、より簡単にリサイクルできるように製品の設計を変更することを義務付けられる場合がある。

 

「納税者のためにできる最善のことは、廃棄物を減らすことです」 と、元 EPA 地区担当管理者であり、環境グループ Beyond Plastics の代表である Judith Enck は述べている。
近年、一部の州では、生産者が製品のリサイクル可能性に責任を持つようにする法律を採用している。これらの法律は州の取り組みに違いがあるが、法律により、メーカーがリサイクルセンターに財政的に貢献すること、あるいは、より簡単にリサイクルできるように製品の設計を変更することを義務付けられる場合がある。

英 文 和 訳 057

What is new to our time is the realization that, acting quite independently of any good or evil intentions of ours, the human enterprise as a whole has begun to strain and eat away at the natural terrestrial world on which human and other life depends. Taken in its entirety, the increase in mankind's strength has brought about a decisive, many-sided shift in the balance of strength between man and the earth. Nature, once a harsh and feared master, now lies in subjection, and needs protection against man's powers. Yet because man, no matter what intellectual and technical heights he may attain, remains embedded in nature, the balance has shifted against him, too, and the threat that he presents to the earth is a threat to himself as well. (大学入試問題より引用)

What is new to our time is the realization that, acting quite independently of any good or evil intentions of ours, the human enterprise as a whole has begun to strain and eat away at the natural terrestrial world on which human and other life depends.
realization   認識,  実現, 成就, 具現化
act   行為,  しわざ,  行動する,  …を行なう,  実行する
quite   完全に,  まったく,  かなり
independently   独立して,  自主的に,  独力で,  無関係に
enterprise   企て,  計画,  仕事,  活動,  積極性,  冒険心
evil   悪,  邪悪さ,  悪事,  災い,  邪悪な,  悪い,  悪意のある
intention   計画,  意志,  考え,  企て,  目的,  意向
strain   緊張,  重圧,  負担,  ストレス,  懸命に努める,  …を緊張させる,  精いっぱい働かせる,  痛める, …に過大な負担をかける,  酷使する
terrestrial   地球上の,  地球の,  陸地の,  陸上の,  陸生の
what is new to our time is the realization that, …   「私たちの時代にとって新しいことは、…という認識である ⇒ 私たちの時代にとっての新らたな認識は、…ということである」
acting quite independently of any good or evil intentions of ours, the human enterprise as a whole has begun to strain and eat away at the natural terrestrial world on which human and other life depends   「人間の活動全体が、善意か悪意かに全く関わりなく行なわれ、人間や他の生命が依存している自然界を酷使し、徐々に浸食し始めているということである」
✎ acting quite independently of any good or evil intentions of ours は、分詞構文である。訳出の際は、「善意か悪意かに全く関わりなく行なわれ、人間の活動全体が …」とするよりも、後に続いている主文の主語を分詞構文の前に置くことで、分かりやすい日本文となるように思われる。つまり、「人間の活動全体が、善意か悪意かに全く関わりなく行なわれ、…」と捉えたい。
✎ independently of A は、「A から独立して,  A とは無関係に」の意。 (The two elements are independent of each other. その2つの要素は互いに無関係である。)
✎ as a whole は、「…全体,  全体として」の意。 (Dave is familiar with Japanese culture as a whole. デーブは日本の文化全体に精通している。     We must consider those issues as a whole.  これらの問題を全体として考えなければならない。)
✎ eat away at … 「(物を)徐々に食い荒らす, (陸地・金属などを)徐々に浸食する, (人を)次第にむしばむ,徐々にさいなむ」
✎ natural terrestrial world 「地球上の自然界」
☞ 私たちの時代にとっての新らたな認識は、人間の活動全体が、善意か悪意かに全く関わりなく行なわれ、人間や他の生命が依存している自然界を酷使し、徐々に浸食し始めているということである。

Taken in its entirety, the increase in mankind’s strength has brought about a decisive, many-sided shift in the balance of strength between man and the earth.
entirety   完全,  全部,  全体
strength   強さ,  力,  体力,  精神力, 勇気,  耐久力,  抵抗力,  勢力, 権力,  資力,  長所
decisive   決定的な, 重大な,  決断力のある,  断固とした,  明白な
many-sided   多面的な,  多種多様な,  多才な
shift   変化,  変更,  転換,  移る,  転じる,  変わる,  …を移す,  …を転じる,  …を変える
taken in its entirety, …   「全体として捉えると、…」
✎ 過去分詞の前の being が省略されている受動態の分詞構文である。 (Seen from a distance, that mountain resembles Mt. Fuji.= When it is seen from a distance, that mountain resembles Mt. Fuji.  遠くから見ると、あの山は富士山に似ている。)
✎ この take は、「 …とみなす,  …と受けとめる」の意。
✎ in its entirety 「全体として」
the increase in mankind’s strength has brought about a decisive, many-sided shift in the balance of strength between man and the earth   「人間の力の強大化は、人間と地球との間のパワーバランスにおいて、決定的、かつ、多面的な変化をもたらした」
✎ an increase in A は、「A の増加,増大,増進」の意。 (an increase in population 人口の増加      an increase in price  価格の上昇)
✎ bring about A は、「A を引き起こす,  A をもたらす」の意。 (Nuclear weapons may bring about the extinction of the human race.   核兵器は人類の絶滅をもたらすかもしれない。)
✎ the balance of strength 「力の均衡,  力関係,  パワーバランス」
☞ 全体として捉えると、人間の力の強大化は、人間と地球との間の力関係において、決定的、かつ、多面的な変化をもたらした。

Nature, once a harsh and feared master, now lies in subjection, and needs protection against man’s powers.
harsh   厳しい,  過酷な,  残酷な,  無情な
master   主人,  雇い主,  支配者,  主君,  所有主,  飼い主,  師匠,  大家,  名人,  熟練者
subjection   征服,  服従,  従属
✎ lie in A は、「A の状態にある」の意。 (The city lies in ruins. 街は廃墟と化している。     Documents lay in a heap on the desk. 書類が机の上に山積みになっていた。)   なお、lie in A には、「(問題や手掛かりなどが)A にある」の意もある。 (The key to solving the problem lies in compromise. 問題の解決の鍵は歩み寄りにある。)
✎ protection against A 「A からの保護」
☞ 自然は、かつては厳しく、恐れられる支配者であったが、今や支配される状態にあり、人間の力から護られる必要がある。

Yet because man, no matter what intellectual and technical heights he may attain, remains embedded in nature, the balance has shifted against him, too, and the threat that he presents to the earth is a threat to himself as well.
intellectual   知的な,  理知的な,  聡明な
height   高いこと,  高さ,  身長,  高度,  高い所,  頂上,  極致,  絶頂
attain   成し遂げる,  達成する,  獲得する
embedded   埋め込まれた,  内蔵された,  組み込みの,  根強い,  切り離せない
threat   脅し,  脅迫,  脅威,  おそれ,  兆候
yet because man, no matter what intellectual and technical heights he may attain, remains embedded in nature, …   「とはいえ、人間は、どんなに知的で技術的な高みに達しても、自然の中に組み込まれたままであるため、…」
✎ no matter what は、「たとえ…であろうと,  何が … したとしても」の意。 (No matter what you say, I will not change my mind.  あなたが何を言おうと、私の考えは変わらない。     No matter what advice I gave him, he never changed his mind.  彼にどんなアドバイスをしても、彼は考えを変えなかった。     No matter what may happen, I'm not going to change my mind.  何が起ころうとも、私は考えを変えるつもりはない。)✎ remain … は、「(人・物が)…の状態であり続ける,…のままでいる」の意。 remain の後には名詞・形容詞・分詞・前置詞句などが続く。 (She has remained single. 彼女はずっと独身でいる。    A girl remained standing there. 女の子がそこに立ったままでいた。     The man remains in power.  その男は権力の座にとどまっている。)
the balance has shifted against him, too, and the threat that he presents to the earth is a threat to himself as well   「人間と地球との力関係は人間にも不利になるように変化しており、人間が地球にもたらす脅威は、人間自身にとっても脅威となっている」
✎ the balance は、the balance of strength between man and the earth のことと思われる。
✎ against A は、「A に不利な」の意。 (This game is against us.  このゲームは我々に不利だ。     Evidence was found against him.  彼に不利な証拠が見つかった。     The situation is turning against us.  状況は我々に不利になりつつある。)
✎ present A to B は、ここでは、「A(状況・問題など)を B にもたらす,  生じさせる」の意。 (This incident presented a problem to him.  この出来事は彼に問題をもたらした。)
✎ 文末の as well は、「…も」の意。 (I like coffee as well.  私はコーヒーも好きだ。)
☞ しかし、人間は、どんなに知的で技術的な高みに達しても、自然の中に組み込まれたままであるため、人間と地球との力関係は人間にも不利になるように変化しており、人間が地球にもたらす脅威は、人間自身にとっても脅威となっている

 

私たちの時代にとっての新らたな認識は、人間の活動全体が、善意か悪意かに全く関わりなく行なわれ、人間や他の生命が依存している自然界を酷使し、徐々に浸食し始めているということである。全体として捉えると、人間の力の強大化は、人間と地球との間の力関係において、決定的、かつ、多面的な変化をもたらした。自然は、かつては厳しく、恐れられる支配者であったが、今や支配される状態にあり、人間の力から護られる必要がある。しかし、人間は、どんなに知的で技術的な高みに達しても、自然の中に組み込まれたままであるため、人間と地球との力関係は人間にも不利になるように変化しており、人間が地球にもたらす脅威は、人間自身にとっても脅威となっている

英文和訳 056

Given the short time they had to develop the shot, however, the data only included information on the safety and efficacy of the booster in animals. Human studies are planned and will be ongoing even if the FDA and CDC decide to authorize the shots and the government starts distributing them. The FDA has also decided to review the animal study data without consulting its advisory committee again.  (TIME より引用)

Given the short time they had to develop the shot, however, the data only included information on the safety and efficacy of the booster in animals.
booster
  ブースター接種,  追加接種
given the short time they had to develop the shot, …   「彼らがワクチンを開発するために与えられていた短い時間のため, … ⇒ 彼らがワクチンを開発するために与えられていた時間はわずかだったので、…」   
✎ given … は、「(判断の根拠として)…が与えられたとすると,…を考慮すれば,…と仮定すると,…なので」の意。 given の後には、名詞句、あるいは、名詞節(that 節)が置かれる。  (Given her age, she is about ready to consider marriage. 彼女の年齢を考えると、彼女は結婚を考えてもいい頃だ。   Given that it's going to be very hot today, let's not go out. 今日はとても暑くなりそうだから、外出するのはやめよう。   Given that water is a finite resource, we have to use it more efficiently.  水が限りある資源であるなら、我々はもっと効率的に利用しなければならない。)
✎ shot   ここでは、「注射」ではなく、「ワクチン」と捉えたい。
✎ they had to develop the shot は、ここでは、「彼らはワクチンを開発しなければならなかった」ということではない。  the short time / they had / to develop the shot と捉えられ、「彼らがワクチンの開発するために持っていた[与えられていた]わずかな時間」となる。 (『英文和訳 017』を参照) 
the data only included information on the safety and efficacy of the booster in animals   「データは動物におけるブースター接種の安全性と有効性に関する情報を含むだけだった ⇒ データには動物におけるブースター接種の安全性と有効性に関する情報しか含まれていなかった」
✎ booster 「ブースター接種,  追加接種」のこと。
☞ しかし、彼らがワクチンを開発するために与えられていた時間はわずかだったので、データには動物におけるブースター接種の安全性と有効性に関する情報しか含まれていなかった。

Human studies are planned and will be ongoing even if the FDA and CDC decide to authorize the shots and the government starts distributing them.
ongoing 継続している,進行中の, 進行,前進
FDA   アメリカ食品医薬品局(Food and Drug Administration)
CDC   疾病対策予防センター(Centers for Disease Control and Prevention)
authorize 認可する,承認する, 権限を与える
distribute   …を分配する,配給する,割り当てる, 流通させる
human studies are planned and will be ongoing   「ヒトを対象とした研究が計画されており、今後も続いていくだろう」
even if the FDA and CDC decide to authorize the shots and the government starts distributing them   「FDA と CDC がワクチンの承認を決定し、政府がそれらの配布を開始するとしても」
✎ even if … は、まだ事実になっていない仮定についての譲歩を表わし、「たとえ…だとしても」の意である。 起こるかもしれない事柄を述べる場合は、even if の節には現在時制が用いられる。 (I will go even if it rains. たとえ雨が降っても、私は行く。) また、起こりそうにない事柄を述べる場合は、過去時制、あるいは、過去完了時制が用いられる。 (Even if I got a lot of money, I wouldn't waste it.  たとえ大金を手にしたとしても、私は無駄遣いをしないだろう。/ 仮定法過去    Even if he had had cancer, he would have conquered it.  たとえ癌に侵されたとしても、彼は癌を克服しただろう。/ 仮定法過去完了)
✎  the government starts distributing them 「政府がそれら[ワクチン]の配布を開始する」  start の後には、開始された動作がしばらく継続すると考えられる場合は、to do ではなく、doing が用いられる傾向がある。
FDA と CDC がワクチンの承認を決定し、政府がそれらの配布を開始するとしても、ヒトを対象とした研究が計画されており、今後も続いていくだろう。

The FDA has also decided to review the animal study data without consulting its advisory committee again.
review   見直す,再検討[調査]する, 復習する, 精査する, 回想,見直し,再検討,再調査
consult (専門家などに)助言[意見]を求める,相談する,  諮問する
✎ advisory committee 「諮問委員会」
FDAはまた、諮問委員会に改めて諮問することなく、動物実験データの見直しを決定している。

 

しかし、彼らがワクチンを開発するために与えられていた時間はわずかだったため、データには動物におけるブースター接種の安全性と有効性に関する情報しか含まれていなかった。FDA と CDC がワクチンの承認を決定し、政府がそれらの配布を開始するとしても、ヒトを対象とした研究が計画されており、今後も続いていくだろう。FDAはまた、諮問委員会に改めて諮問することなく、動物実験データの見直しを決定している。

英文和訳 055

Offers came in from American and British forces to evacuate the President and his team. The idea was to help them set up a government in exile, most likely in eastern Poland, that could continue to lead from afar. None of Zelensky’s advisers recall him giving these offers any serious consideration. Speaking on a secure landline with the Americans, he responded with a zinger that made headlines around the world: “I need ammunition, not a ride.” (TIME より引用)

Offers came in from American and British forces to evacuate the President and his team.
forces 軍隊,部隊,軍
evacuate 避難させる,避難する
✎ to evacuate the President and his team が、形容詞用法として、offers にかかるものと思われる。
☞ 米英両軍から大統領とそのチームを避難させるという提案があった。

The idea was to help them set up a government in exile, most likely in eastern Poland, that could continue to lead from afar.
exile 国外追放,  国外生活,  亡命,  流浪
afar   遠方,  遠くから,  遠くに
lead 指導する,  指揮をする,  先頭を行く,  …をリードる,  …を指導する、
the idea was to help them set up a government in exile … that could continue to lead from afar   「それは、遠く離れたところから指揮し続けることができる臨時政府を彼らが設立するのを支援するという考えである」 
✎ the idea is to do は、「その狙いは…することである,  …することがその狙いである,  それは…するという発想である」の意。  (The idea is to question common sense.  常識を疑ってみるという発想である。)
✎ them は、the President and his team を指す。
✎ set up A は、ここでは、「A を創設[設立]する」の意。 (They set a new commission up.  彼らは新しい委員会を設立した。     She set up her office.  彼女はオフィスを構えた。)
✎ a government in exile は、「亡命政府, (外国に打ち立てられた)臨時政府」の意。 関係代名詞 that の先行詞である。
most likely in eastern Poland   「おそらくはポーランド東部に」
☞ それは、おそらくはポーランド東部に、彼らが遠く離れたところから指揮し続けることができる臨時政府を設立するのを支援するという考えである。⇒ それは、彼らが遠く離れたところから指揮し続けることができる臨時政府を設立するのを支援するという考えであり、その場所は、おそらくポーランド東部になるだろう。

None of Zelensky’s advisers recall him giving these offers any serious consideration.
adviser 忠告者,助言者,相談役,顧問
recall O doing は、「(人)が…したことを思い出す」の意。 (l don't recall her playing the piano.  私は彼女がピアノを弾いたことを思い出せない。  cf.  I recalled meeting her.  彼女に会ったことを思い出した。)       
give A consideration = give consideration to A は、「A に配慮する,  A を考慮[考察, 検討]する」の意。 (I will give your project full consideration.  私はあなたのプロジェクトを十分に検討する。     He gave careful consideration to the problem.  彼はその問題を慎重に考察した。)
☞ ゼレンスキーの側近の誰一人も、彼がこの提案を真剣に検討したという覚えはない。

Speaking on a secure landline with the Americans, he responded with a zinger that made headlines around the world: “I need ammunition, not a ride.” 
landline 固定電話(回線)
zinger ハッとすること, 辛辣な批判,機転の利いた発言, 当意即妙の受け答え, 活気に満ちた発言, 気のきいた鋭い発言 
ammunition 弾薬, 武器,飛び道具, 攻撃[防御]手段,自分に有利な情報
ride 自動車, 乗り物
speaking on a secure landline with the Americans   「(ゼレンスキーは、)機密性の確保された電話で米国側と会談し」 
✎ ここは、分詞構文である。 
✎ speak on A は、「A で話す,   A について話す」 の意。   (We spoke on the phone   私たちは電話で話した。  The President speaks on TV.  大統領がテレビで演説をする。   cf.  I'll speak on global warming.  地球温暖化についてお話します。)
✎ a secure landline 「機密性の確保された電話,  安全な電話」  この secure は、「(情報の漏洩や盗聴などに対して)機密のしっかりした」の意。 (method for secure file transfer  安全なファイル転送の方法)
✎ the Americans は、「アメリカ側」の意と捉えたい。  (If the Americans withdraw their support, our project will fail. もしアメリカ側が支援を撤回したら 我々の計画は頓挫するだろう。)
he responded with a zinger that made headlines around the world: “I need ammunition, not a ride”   「ゼレンスキーは、(その提案に対して、)「必要なのは(逃げるための)車ではなく、(戦うための)武器だ」と、世界中で大きく報道されるような機知に富んだ言葉で返答した」
✎ with a zinger は、「機知に富んだ言葉で」といったところだろうか。
✎ that made headlines around the world は、関係代名詞節で、a zinger にかかる。
✎ make (the) headlines は、「大きく報道される」の意。 (The case made headlines across the world.  その事件は、世界中で大きなニュースとなった。)
✎ … : “I need ammunition, not a ride” は、コロンの前の文に登場する主語のセリフを掲げる用法である。
✎ I need ammunition, not a ride 「(逃げるための)車ではなく、(戦うための)武器が必要だ」
☞ ゼレンスキーは、機密性の確保された電話で米国側と会談し、(その提案に対して、)「必要なのは(逃げるための)乗り物ではなく、(戦うための)武器だ」と、世界中で大きく報道されるような機知に富んだ言葉で返答したのだ。 ⇒  ゼレンスキーは、機密性の確保された電話で米国側と会談し、その提案に対して、「必要なのは、逃げるための乗り物ではなく、戦うための武器だ」という機知に富んだ言葉で返答したことが世界中で大きく報じられたのである。

 

米英両軍から大統領とそのチームを避難させるという提案があった。それは、彼らが遠く離れたところから指揮し続けることができる臨時政府を設立するのを支援するという考えであり、その場所は、おそらくポーランド東部になるだろう。しかし、側近の誰一人も、ゼレンスキーがこの提案を真剣に検討したという覚えはない。ゼレンスキーは、機密性の確保された電話で米国側と会談し、その提案に対して、「必要なのは、逃げるための乗り物ではなく、戦うための武器だ」という機知に富んだ言葉で返答したことが世界中で大きく報じられたのである。

英文和訳 054

Can one write the history of art 'up to the present day' as one can perhaps write the history of airplanes? Many critics and teachers hope and believe that one can. I am less sure. True, one can record and discuss the latest fashions, the figures who happen to have caught the limelight at the time of writing. But only a prophet could tell whether these artists will really 'make history,' and on the whole critics have proved poor prophets. Imagine an open-minded and eager critic in 1890 trying to bring the history of art 'up to date.' With the best will in the world he could not have known that the three figures who were making history at that time were Van Gogh, Cezanne and Gauguin; the first, a crazy middle-aged Dutchman working away in southern France, the second a retiring gentleman of independent means, who had long ceased to send his paintings to exhibitions, and the third a stockbroker who had become a painter late in life and was soon off to the South Seas. The question is not so much whether our critic could have appreciated the works of these men as whether he could have known of them at all. (大学入試問題より引用)

Can one write the history of art 'up to the present day' as one can perhaps write the history of airplanes?
✎ the history of art 'up to the present day' 「現在に至るまでの芸術史」   ここは、up to the present day が、the history of art を後置修飾。   up to A は、「A(ある位置, 程度, 時点)に至るまで」の意。 (I am up to the eighth lesson.  第8課まで進んでいる。)
✎ as one can perhaps write the history of airplanes 「人が飛行機の歴史を記すことができるように」  as … は、「…のように,  …のとおりに,  …であるように」の意。 「様態・状態」を表わす接続詞である。 (Leave it as it is.  そのままにしておくように。     When in Rome do as the Romans do.  郷に入らば郷に従え。)
☞ 人が飛行機の歴史を記すことができるように、我々は、現在に至るまでの芸術史を記すことができるだろうか。

Many critics and teachers hope and believe that one can. I am less sure.                                     critic   批評家,  評論家
Many critics and teachers hope and believe that one can.   「多くの批評家や教師は、そうできると願い、また信じている。」
✎ one can の後に、write the history of art 'up to the present day' が省略されている。
I am less sure.   「私は、それほど確信が持てない。」                                                                      ✎ I am less sure の後に、than many critics and teachers が省略されていると見なすことができる。 比較対象が明らかな場合は、than 以下を省略できる。 (I exercise less these days.  最近、それほど運動していない。     Smoking may make your life shorter.  喫煙は寿命をより短くするかもしれない。)
☞ 多くの批評家や教師は、そうできると願い、また信じている。(しかし、)私は、それほど確信が持てない。

True, one can record and discuss the latest fashions, the figures who happen to have caught the limelight at the time of writing.                        
fashion    流行の物[人], 人気がある物[人]
figure    人物
limelight  脚光
true, one can record and discuss the latest fashions   「確かに、最近の人気がある人物については、記したり論じたりすることができる」
✎ この true は、「なるほど,  確かに」の意で、文修飾の副詞である。  
✎ the latest fashions 「最近の人気がある人物」  fashion は、「流行の物[人], 人気がある物[人]」の意。  
the figures who happen to have caught the limelight at the time of writing   「執筆している時点でたまたま脚光を浴びている人物」
✎ ここは、the latest fashions と同格。
✎ catch the limelight 「脚光を浴びる」       
✎ happen to do は、「たまたま…する」の意。 (I just happen to know her.  私はたまたま彼女を知っている。    Do you happen to know her?  ひょっとして彼女を知っていますか。)   
✎ to have caught the limelight は、完了不定詞であり、文脈から、「脚光を浴びている」という「継続」の意を表わす。 (『英文和訳 033』を参照)   
✎ at the time of writing 「執筆時点で,   これを書いている時点で」
☞ 確かに、最近の人気がある人物、つまり、執筆している時点でたまたま脚光を浴びている人物については、記したり論じたりすることができる。

But only a prophet could tell whether these artists will really 'make history’, and on the whole critics have proved poor prophets.                                                    
prophet    預言者,  予言者,  予想をする人
poor    へたな,  不得意な,  劣等な,  不毛の,  卑しい,  貧しい,  乏しい
prove    …を立証する,  …を証明する,  …であることがわかる, …と判明する
only a prophet could tell whether these artists will really 'make history’   「これらの芸術家が実際に『歴史的な業績を成し遂げる』のかどうかは予言者しか分からないだろう」
✎ この could は、推量を表わして、「たぶん…だろう,  …かもしれない」の意。 (It could rain tomorrow.  明日は雨が降るかもしれない。     This could be an opportunity.  これはチャンスかもしれない。     I could be wrong.  私が間違っているかもしれない。)
✎ tell は、can や could などを伴って、「…がわかる」の意となることがある。 (I can tell the difference 違いが分かる。     I can tell what she wants. 私は彼女が何を望んでいるか分かる。)
✎ make history は、「歴史的な偉業を成し遂げる」の意。 (Ryoma is one of figures who made history. 龍馬は歴史的な偉業を成し遂げた人物の一人である。)
on the whole critics have proved poor prophets   「批評家というものは、概して、下手な予言者であり続けている」
✎ prove(to be)C で、「C(補語)だと判明する,  分かる」の意となる。 (The rumor proved (to be) true.  そのうわさは真実であることが判明した。/ うわさは本当だった。     His latest work proved (to be) a great success.  彼の最新作は、大成功を収めた。)   なお、to be の後の補語が程度を表わす意味を含まない場合は、一般に、to be は省略しないものとされる。 (He proved t to be single.  彼は独身であることが判明した。     The strange creature proved to be a kind of snake.   その奇妙な生物は、ヘビの一種であることが判明した。)   
☞ だが、これらの芸術家が実際に「歴史的な業績を成し遂げる」のかどうかは予言者しか分からないし、批評家というものは、概して、下手な予言者であり続けている。

Imagine an open-minded and eager critic in 1890 trying to bring the history of art 'up to date.'
open-minded    進取の気性に富む, (新しい思想などを)受け入れやすい,  目先の利く,  頭の柔らかい,  偏見のない
imagine an open-minded and eager critic in 1890 trying to …   「進取の気性に富む、熱心な批評家が、…しようとしていると想像して見ればいい」  
✎ imagine A doing における A は、動名詞の意味上の主語であり、人称代名詞の場合は目的格(または、所有格)となる。 (I can’t imagine you[your]doing volunteer work.  あなたがボランティア活動を行うなんて想像できない。)
✎ bring A up to date は、「A(もの)を最新にする,  A(人)に最新の情報を与える」の意。 (Recently we have brought our office equipment up to date.  最近、我が社の機器を最新のものにした。      He brought me up to date on the matter.  彼は、私に、その件について、最新の情報を教えてくれた。)
☞ 1890年に、進取の気性に富む、熱心な批評家が、芸術史を最新のものに改めようとしていると想像して見ればいい。

With the best will in the world he could not have known that the three figures who were making history at that time were Van Gogh, Cezanne and Gauguin; the first, a crazy middle-aged Dutchman working away in southern France, the second a retiring gentleman of independent means, who had long ceased to send his paintings to exhibitions, and the third a stockbroker who had become a painter late in life and was soon off to the South Seas.                                               
gentleman    有閑階級の人,  紳士
stockbroker  株式仲買人
with the best will in the world he could not have known that the three figures who were making history at that time were Van Gogh, Cezanne and Gauguin   「その批評家が、どんなに熱心だったとしても、当時、歴史的な業績を成し遂げようとしている3人の人物は、ヴァン・ゴッホセザンヌ、そしてゴーギャンであるということを知っていたはずはないだろう」
✎ with the best will in the world   「いくら頑張っても,  いくらその気でも,  心掛けがどれほどよくても」     (Even with the best will in the world, we won't be able to get there in time.  どうやっても、我々は、そこに時間までには行けない。)    
✎ couldn't have p.p. は、ここでは、「(過去に)…したはずがない」という過去に対する強い否定的な推量を表わす。「…したはずがなかった」ではなく、cannot have p.p. とほとんど同様の意となる。 ただし、couldの場合は、少し控えめな表現とされる。 (He couldn't have done such a thing.  彼がそんなことをしたはずはない。    He couldn't have won the game.  彼が試合に勝ったはずがない。)  また、couldn't have p.p. は、「(過去に)…することはできなかっただろうに」という過去の仮定を表わすことがある。  (We could not have completed it without your support.  あなたの支援がなければ完成できなかっただろう。   Thirty years ago, we could have thought of such a thing.  30年前なら、そんなことは考えられなかっただろう。)
the first, a crazy middle-aged Dutchman working away in southern France   「最初のゴッホは、南フランスでせっせと働く、変わり者の中年オランダ人」
✎ work away 「せっせと働く」    
the second a retiring gentleman of independent means, who had long ceased to send his paintings to exhibitions   「次のセザンヌは、食うに困らない隠遁生活者で、展覧会に絵を出品しなくなって久しい」
✎ a retiring gentleman 「隠遁して暮らしている人」    
✎ independent means 「働かなくても暮らしていけるだけの資力」    
✎ cease to do は、「…しなくなる」の意。 (Fish have ceased to live in this pond.  この池に魚が住まなくなった。)
the third a stockbroker who had become a painter late in life and was soon off to the South Seas   「3番目のゴーギャンは、晩年に画家になり、すぐに南太平洋へ行ってしまった株のブローカー」
be off to A は、「A へ出かける」の意。
☞ その批評家が、どんなに熱心だったとしても、当時、歴史的な業績を成し遂げようとしている3人の人物は、ヴァン・ゴッホセザンヌ、そしてゴーギャンであるということを知っていたはずはないだろう。最初のゴッホは、南フランスでせっせと働く、変わり者の中年オランダ人。次のセザンヌは、食うに困らない隠遁生活者で、展覧会に絵を出品しなくなって久しい。そして3番目のゴーギャンは、晩年に画家になり、すぐに南太平洋へ行ってしまった株のブローカーであった。

The question is not so much whether our critic could have appreciated the works of these men as whether he could have known of them at all.
appreciate   …を正当に評価する,  …を理解する, …の真価を認める       
ここは、not so much A[whether our critic could have appreciated the works of these men]as B[whether he could have known of them at all]という構文である。 
✎ not so much A as B(= not A so much as B)は、「A というよりむしろ、B である」の意。 A と B には、名詞・形容詞・動詞・句・節などが置かれる。 (She is not so much an actress as a singer. = She is not an actress so much as a singer.  彼女は、女優というよりはむしろ歌手だ。     The value as a person lies not so much in what he has as in what he is.  人間としての価値は、その人の財産よりむしろその人格にある。)    
✎ our critic 「当の評論家」 この our は、「話題になっている,例の」の意。        
✎ whether our critic could have appreciated the works of these men   「当の評論家がこの人たちの作品を正しく評価したかどうか」 whether は、ここでは、名詞節を導いて、「…かどうか」の意。 (I don't know whether she will show up (or not).  彼女が現れるかどうかわからない。     One question is whether they have overcome that difficult situation. 問題は、彼らがその困難な状況を乗り越えたかどうかということである。)       
✎ could have p.p. は、「…したかもしれない,  …だっただろう」という過去に対する推量を表わしている。 (You could have caught a cold yesterday.  あなたは、昨日、カゼをひいていたのかもしれない。)   また、could have p.p. は、「(過去に)…できただろうに(実際にはしなかった),  …した可能性があった(実際にはそうでなかった)」という過去の仮定を表わす。  (The situation was not good, but it could have been worse.  状況は決して良くはなかったが、もっと悪くなることもあり得た。        You could have died. 死んでいたかもしれないよ。   Had I been willing, I could have helped her. その気さえあれば、私は彼女を助けることができただろうに。)
✎ whether he could have known of them 「この人たちを知っていたかどうか」
✎ at all は、「(疑問文で)いったい,  そもそも」の意。 (Do you believe it at all?   いったい信じているのか。)
☞ 問題は、当の評論家がこの人たちの作品を正しく評価したかどうかというよりも、そもそも、この人たちを知っていたかどうかということである。

 

人が飛行機の歴史を記すことができるように、我々は、現在に至るまでの芸術史を記すことができるだろうか。多くの批評家や教師は、人は、それができると願い、また信じている。しかし、私は、それほどには、確信が持てない。確かに、最近の人気がある人物、つまり、執筆している時点でたまたま脚光を浴びている人物については、記したり論じたりすることができる。だが、これらの芸術家が実際に「歴史的な業績を成し遂げる」のかどうかは予言者しか分からないし、概して、批評家というものは、下手な予言者であり続けているのである。1890年に、進取の気性に富む、熱心な批評家が、芸術史を最新のものにしようとしていると想像して見ればいい。その批評家が、どんなに熱心だったとしても、当時、歴史的な業績を成し遂げようとしている3人の人物は、ヴァン・ゴッホセザンヌ、そしてゴーギャンであるということを知っていたはずはないだろう。最初のゴッホは、南フランスでせっせと働く、変わり者の中年オランダ人。次のセザンヌは、食うに困らない隠遁生活者で、展覧会に絵を出品しなくなって久しい。そして3番目のゴーギャンは、晩年に画家になり、すぐに南太平洋へ行ってしまった株のブローカーであった。問題は、当の評論家が、この人たちの作品を正しく評価したかどうかというよりも、そもそも、この人たちのことを知っていたかどうかということである。

英文和訳 053

Nobody ever believed the pandemic would go easy on children. The virus might target them less directly than it targets older people, but other challenges—the loss of school, the loss of play, the loss of time with friends—would exact their own emotional toll. A study published April 29 in JAMA Network Open sheds light on how serious that harm has been.
The work, led by psychologist Tali Raviv at Northwestern University, involved a survey of more than 32,000 caregivers looking after children from kindergarten to grade 12 in the Chicago public school system. The definition of “caregiver” was broad, including parents and grandparents as well as anyone 18 or older with principal responsibility of caring for children in a household. The sample group of the families was ethnically and racially diverse—39.3% white, 30.2% Latinx; 22.4% Black; and 8.1% mixed.    (TIME より引用)

Nobody ever believed the pandemic would go easy on children.
✎ nobody ever believed … 「誰も…であるとは決して思っていなかった」  ever は、否定語を前において、「少しも[決して,まったく]…ない」の意。  (No one has ever heard of such a thing. 誰もそんなことは全く聞いたことがない。  I don't ever want to lose her. 彼女を決して失いたくない。)
✎ go easy on children 「子供たちにあまり害がない」  go easy on A は、「A に優しくする,  A に手加減する,  A にあまりきつくあたらない」の意。 (We have to go easy on the environment. 私たちは、環境にあまり負荷をかけないようにすべきである。)    ☞(新型コロナウイルスの)パンデミックは子供たちにはあまり害がないだろうなどとは、決して誰も思っていなかった。

The virus might target them less directly than it targets older people, but other challenges—the loss of school, the loss of play, the loss of time with friends—would exact their own emotional toll. 
challenge   異議を唱える,  …に挑む,  異議,  説明の要求,  抗議,  挑戦,  難題,  やりがいのある仕事
exact   …を要求する,  …を必要とする, (約束, 謝罪, 犠牲など)を強要する,  強いる,  正確な,  厳密な,  精密な,  まさにその
toll  通行料,料金,サービス料, 損失,犠牲, 死傷者数, (鐘などが)ゆっくりと鳴る, (鐘などを)ゆるやかに鳴らす
the virus might target them less directly than it targets older people, …   「このウイルスは、は高齢者を標的にするよりも、子供たちを直接的に標的にすることは少ないかもしれないが、…」
other challenges—the loss of school, the loss of play, the loss of time with friends—would exact their own emotional toll   「他の難題、つまり、学校が休みになったこと、遊びに行けないこと、友人との時間がなくなったことは、子供たち自身に情緒的な犠牲を強いることになるだろう」
ダッシュを用いて、直前の語句に対しての具体的な項目を挿入している。
☞ このウイルスは、は高齢者を標的にするよりも、子供たちを直接的に標的にすることは少ないないかもしれないが、他の難題、つまり、学校が休みになったこと、遊びに行けないこと、友人との時間がなくなったことは、子供たち自身に情緒的な犠牲を強いることになるだろう。

A study published April 29 in JAMA Network Open sheds light on how serious that harm has been.
harm   害,  傷害,  危害,  悪影響,  不具合,  不都合
a study published April 29 in JAMA Network Open   「4月29日に JAMA Network Open で発表された研究」
✎ JAMA Network Open は、医学文献の検索と閲覧、および文献全文のダウンロードを提供する医療総合Webサイトである。
sheds light on how serious that harm has been   「その害がどれほど深刻であるかを明らかにしている」  
✎ shed light on A は、「A に光を当てる,  A を浮き彫りにする,  A を解明する,  A を明らかにする」の意。 (The affair has shed light on racial prejudice.  その出来事は人種的偏見に光を当てた。      The latest research will shed light on that pressing issue.  最新の研究はその喫緊の問題を解明するだろう。)   
✎ how S V は、間接疑問の名詞節である。 (We don't know how those ruins were built. あの遺跡がどのように造られたかは、わからない。)
☞ 4月29日に、JAMA Network Open で発表された研究は、その害がどれほど深刻であるかを明らかにしている。

The work, led by psychologist Tali Raviv at Northwestern University, involved a survey of more than 32,000 caregivers looking after children from kindergarten to grade 12 in the Chicago public school system.
caregiver   世話をする人,  介護人,  介護士
the work, led by psychologist Tali Raviv at Northwestern University, involved …   「ノースウェスタン大学の心理学者、Tali Raviv が率いるこの研究は、… を要した」
✎ involve A は、「A を必要とする,  A を要する, (不可欠なものとして)A を含む」の意。 (This process involves a great deal of time.  その作業は大変な時間を要する。)▶ a survey of more than 32,000 caregivers looking after children from kindergarten to grade 12 in the Chicago public school system   「シカゴの公立学校で幼稚園から12年生までの子供たちの世話をしている32,000人以上の介護者の調査」   
✎ a survey of more than 32,000 caregivers を、looking after children … が後置修飾している。 
✎ grade 12 「12年生」
ノースウェスタン大学の心理学者、Tali Raviv が率いるこの研究は、シカゴの公立学校で幼稚園から12年生までの子供たちの世話をしている32,000人以上の介護者の調査を要するものであった。

The definition of “caregiver” was broad, including parents and grandparents as well as anyone 18 or older with principal responsibility of caring for children in a household.
definition   明瞭さ,  解像度,  定義
household   家族, (雇い人を含めた)家の者,  家庭,  家事
responsibility   責任,  義務,  責務, 職務,  役割,  担当
the definition of “caregiver” was broad   「この『介護者』の定義は広い」
, including parents and grandparents as well as anyone 18 or older with principal responsibility of caring for children in a household   「両親や祖父母に加え、家庭内で子供のケアを主な役割としている18歳以上の人」   
✎ 分詞構文である。
✎ A as well as B は、通例では、A に意味上の重点があるとされ、「B だけでなく A も」の意となるが、ここでは、文脈から判断すれば、むしろ、B に重点が置かれ、「A だけでなく B も」と捉えるのが妥当と思われる。 (『英文和訳 027』を参照)
✎ anyone 18 or older(= anyone 18 years of age or older) 「18歳以上の誰も」
✎ anyone 18 or older with principal responsibility of caring for children in a household 「家庭内で子供のケアに対する主要な責任を持っている18歳以上の人 ⇒ 家庭内で子供のケアを主な役割としている18歳以上の人」
☞ この「介護者」の定義は広く、両親や祖父母に加え、家庭内で子供のケアを主な役割としている18歳以上の人も含むのである。

The sample group of the families was ethnically and racially diverse—39.3% white, 30.2% Latinx; 22.4% Black; and 8.1% mixed.
Latinx   ラテン系
mixed  混血,  ミックス
☞ 家族の標本群は、民族的および人種的に多様であり、白人が39.3%、ラテン系が30.2%、黒人が22.4%、それに、ミックスが8.1%である。

 

新型コロナウイルスパンデミックは子供たちにはあまり害がないだろうなどとは決して誰も思っていなかった。このウイルスは、は高齢者を標的にするよりも、子供たちを直接的に標的にすることは少ないかもしれないが、他の難題、つまり、学校が休みになったこと、遊びに行けないこと、友人との時間がなくなったことは、子供たち自身に情緒的な犠牲を強いることになるだろう。4月29日にJAMA Network Openで発表された研究は、その精神的苦痛がどれほど深刻であるかを明らかにしている。
ノースウェスタン大学の心理学者、Tali Raviv が率いるこの研究は、シカゴの公立学校で幼稚園から12年生までの子供たちの世話をしている32,000人以上の介護者の調査を要するものであった。この「介護者」の定義は広く、両親や祖父母に加え、家庭内で子供のケアを主な役割としている18歳以上の人も含むものである。
家族の標本群は、民族的および人種的に多様であり、39.3%が白人、30.2%がラテン系、22.4%が黒人、それに、8.1%がミックスである。